<<EV174イベントログまとめ>>

<<EV174イベントログまとめ>>


以下の文章は、ナンバリングイベント「EV174 絶望のそら 右翼方面軍」
のゲームログを読みやすく編集したものに、ゲーム参加者のインタビューを
加えて書いた読み物になります。


・テンダイス記事 EV174 絶望のそら 右翼方面軍
 http://blog.tendice.jp/201105/article_8.html

---------------------------------------------------

★前回(EV173)のあらすじ

宇宙怪獣が三群に分かれてテラ領域へと迫る中、帝国と共和国のプレイヤー達はまず左翼の高速艦隊と戦闘を開始。
戦わずに時間を稼ごうとする敵艦隊でしたが、ここで見事な先読み(イベント)による効果で敵の狙いを看破。
チャールズ・ロバーツさんや鈴木銀一郎さんの助けもあり、しらいし王の指揮するRTR部隊が敵母艦20部隊を高速戦闘で全滅させることに成功します。
その後、電撃戦を狙っている敵の右翼を阻止すべく、共和国部隊とFVB宇宙艦隊は敵右翼へ移動を開始。
帝國主力軍は、敵の本陣である補給線を叩く戦いへ向かいました。

今回のゲームログであるEV174は、敵右翼との戦闘になります。
また、裏窓で敵の補給線を叩くEV177も同時に行われています。

---------------------------------------------------

★ゲーム開始前

・5月20日 NWCログより 芝村さんによる簡単な戦闘解説
 http://cwtg.jp/nwclog/2011/5/20.html

芝村:
 さて。では簡単な戦闘解説を。今回は宇宙の戦いは2正面作戦です。
 前日、敵の左翼を撃破した帝國と共和国の本陣強襲部隊は、そのまま敵の後方、策源地(補給中枢)を打撃に向かう。
 どんな軍隊も補給が無ければ原則動けない。宇宙怪獣でもだ。それが狙い。

芝村:
 一方で、敵は速度が遅く、それ故に対応されないであろう右翼に超高速艦隊を伏せ、teraに突撃を開始した。
 敵から見ればteraは策源地(補給中枢)なので、この段階では敵味方ほぼ同じ事を考えている事になる。
 多くの史実の戦いで左翼、右翼が先に戦闘を開始することが多いのだが、ここでもそれを踏襲しているわけだ。

芝村: 
 ただ。敵は最短距離でteraをつく一方、味方は左翼から右翼に転戦するので、この段階で一歩遅れをとってる。
 この一歩の遅れは、多くの血であがなわれるかも、しれないが、右翼側へ向かったFVB艦隊や、共和国の部隊は、装甲が固いので、
 昨日とうってかわっての打撃戦が起こりそうだ。
 逆に言うと、左翼から敵策源地へ向かったグループは、装甲が低い。多くは50台で、そう言う意味では正面の撃ち合いが怖い感じだね。

芝村:指揮官は、誰なんだろ。
瀬戸口まつり:高原さんと緋璃さんです。
芝村:右翼側救援艦隊(EV174)の指揮は前日に続いて海法さん?
海法:はい。あとFVBから支倉さんも、お呼びします。
芝村:右翼側の帝國指揮官は支倉か。敵策源地側強襲艦隊(EV177)の指揮は、ロッシ&高原。

瀬戸口まつり:敵の本陣には昨日の状況は伝わってるんでしょうか?
芝村:敵には当然、状況や情報は伝わってるよ。戦闘光を見ればすぐにわかる>築山 まあ、光の方が早いわな。
芝村:ではゲームを開始しようか。指揮官はメッセに接続開始。中継よろしく。

---------------------------------------------------

★EV174 部隊エントリー

<FEG本国部隊~原素の剣>
 FEGボウルドカーン。共和国の母艦にして、脅威の玉。地上でおじいに投げ飛ばされてここまでやってきた。450人機乗れる。すごい。
 http://www29.atwiki.jp/feg2/pages/566.html

<なごみビッグ・キャット> AR19
 共和国の夢、巨大I=Dダイアビシニアンです。戦艦並の装甲攻撃力を持つI=D。
 http://www7.atwiki.jp/genz/pages/554.html

<鍋の国部隊> AR18
 リファインサイベリアン部隊で、群狼戦術を所持。評価値に関わらず、少数の機体を確実におとせます。
 http://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/651.html

<フィーブルサイバー部隊> AR10
 みんなの情報戦部隊。評価100に届く勢いのすごいぶっちぎりバトルハッカーズ。
 http://feebleclan.at.webry.info/201102/article_3.html

<akiharu国部隊> AR18
 http://homepage2.nifty.com/fakeradio/i-dress/files/hensei_t17.txt

<トラリス・ラグドール部隊> AR18
 どちらもラグドールからなる部隊。akiharuでは変身ヒーローが登場。実はまだ変身を1回残している。
 なにわ&るしにゃんの、トラリスとの連携が生んだ夢の布陣。かっこいい。
 http://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/519.html

<【Wing of Love】> AR10
 レンジャー連邦のオペレーターズ。何気に情報戦防御もできてすごい。
 http://www28.atwiki.jp/check0ranger/pages/162.html

<よけ藩国全力詠唱部隊> AR10
 急遽打ち上げ!詠唱評価は50を超えるぞ!(ヒント:宇宙)
 http://kaiho.main.jp/yoke2/index.php?T17%E3%80%80%E7%B7%A8%E6%88%90

<大統領府紅葉個人騎士団K17-5> AR10
 特別ゲストの紅葉ルウシィさん。振りなおし特技は神。
 http://www19.atwiki.jp/orionresident/pages/61.html

<ミーティア・シュヴァルム> AR26(航路1)
 RTR精鋭部隊です 帝国主力その1
 http://www40.atwiki.jp/meteorit/pages/339.html

<FVB宇宙艦隊> AR17(航路5~6)
 帝国最強の艦隊部隊です 帝国主力その2
 http://www23.atwiki.jp/fvb_sakura/pages/672.html

海法:今回もAR17でしょうか?
芝村:そだね。AR17だ。

海法:了解です。あとは、オリオンからの援軍部隊がおられるなら、合流したいくらいです。
芝村:はい。では。帝國側というか、FVB艦隊の簡単な説明を読者向けにやって下さいな。それが終ったら戦闘開始とします。
支倉玲:説明ですか?
海法:ウリとかノリとか?
芝村:うん。どんな船の構成でどんな任務なのかとかだね。
支倉玲:FVBはこんごう級を主力とした無人艦部隊を引き連れ、敵高速部隊を撃破に向かいます(こんな感じでしょうか)
芝村:OKOK。では開始しましょうか。

---------------------------------------------------

★ゲーム開始


右翼敵情報(EV174発表時点)
・低速重打撃タイプ120個艦隊(AR10、評価90) 重機動オブジェクトの母艦
・重機動オブジェクト12000部隊(AR15、評価40)


芝村:地球光(アースライト)が、この距離からでも見える。月の何倍も明るい気がするのは贔屓だろうか。
海法:「青いな……」

芝村:すでに敵の高速艦隊は戦闘に入っており、戦闘光が無数に見える。
支倉玲:うを。どこと戦ってるのでしょう?
海法:ありゃ。援軍かな?

芝村:FVBの軌道爆雷の一部はここで投入されているようだが、それだけではないようだ。何せレーザーを打ち返しているように見える。
海法:「幸先がいい。急ぎましょう」
支倉玲:「そうしましょう。レーザー? そんなのうちには無かったはず」

芝村:爆発も起きてるね。通信は邪魔されており、ほとんど聞こえない。
海法:高速艦隊が戦闘に入ってるなら、全力で叩きましょう。どうやっておびき出すかが課題だったので<高速艦隊を
芝村:偵察する? 2ARだけど。しないならそのままAR4距離から戦闘に入る。
海法:偵察する場合、偵察消費後ARに合わせる感じですよね。
芝村:そだね。

海法:フィーブルさんの情報部隊に偵察&分析させたいところですが、AR10だと、事実上無意味という感じでしょうか?
芝村:無意味だね。フィーブル部隊は通信維持に使う予定だが、偵察はちょっと厳しい。
芝村:なにせ、すでに大量のウイルスが送り込まれ、設定上は悪戦苦闘している。
海法:了解です。うお、がんばれフィーブルさん。では、なごみビッグキャットで偵察かけて、AR17で突入します。
芝村:偵察難易は50。感覚。
海法:なごみビッグキャットAR19→AR17 感覚122 となります。
海法:「ダイアビの巨大火器管制システムなら、この戦場の混沌も解析できるはずだ! とGENZが言ってたんじゃないかな!」
芝村:見えた。レンジ的に超遠距離砲戦ができるダイアビ(超大型I=D)なら楽勝だろう。

芝村:
 敵は2群に分かれて、前方グループが共和国のニャンキーズクラスと戦闘をしている。
 後方グループの動きは遅い。前方グループは0ARで次々撃破されているようだ。
 瞬間的に切断され、見る間に路が作られている。teraへの進撃路がいとも簡単につくられているようだ。

海法:敵の高速艦隊を普通に狙える感じで、伏兵とか変な布陣とかは見あたりませんかね。
海法:後方が、データにあった、低速重打撃タイプ120個艦隊かな?
海法:0ARで? ニャンキーズが? なんかすごいが何が起きている?(汗) あ。自動反撃能力か。

海法:えーと、あれ。前方グループは0ARで次々撃破と読めましたが、敵とおぼしき前方グループがニャンキーズを撃破してるんでしょうか。
海法:あるいはニャンキーズがteraへの進撃路を作っているのでしょうか?
芝村:敵の前方グループが、ニャンキーズを0ARで破壊している。具体的には20艦を潰している。
海法:了解です。

海法:「全力でニャンキーズを援護。敵の高速艦隊を撃破せよ」
芝村:その命令は部下に伝わるかな。情報戦、難易90。失敗すると艦隊は迷走し始める。
海法:<フィーブルサイバー部隊>:情報戦105 を提出します。 安心のフィーブルクオリティ
芝村:成功した。命令は通った。
海法&支倉玲:よし! & おおー
支倉玲:すいません。艦隊戦ってAR4距離から届きますでしょうか?
芝村:艦隊戦はAR4だね。

---------------------------------------------------

▼I=Dダイアビシニアンによる攻撃と敵の絶技


海法:では、ニャンキーズが誘引した敵を全力で撃破しましょう。
芝村:OK、攻撃は3ARです。RP開始どうそ。機動兵器と、艦隊の2種の敵がいるようだ。どちらを狙うかは言ってね。
海法:はい。艦隊です。
芝村:艦隊は1000隻ほどあるようだ。
海法:1000せき…… 120個艦隊の影に、こんだけ隠れてたのか!
芝村:1艦隊100隻くらいだから、そんなに数はないね。
海法:10部隊か。

芝村:RP貼り付け開始。
海法:ダイアビグルーピングRP http://www7.atwiki.jp/genz/pages/561.html ダイアビ砲撃RP http://www7.atwiki.jp/genz/pages/559.html
海法:(さすがGENZ)

芝村:ダイアビの光線は2度ずれて命中しなかった。いとも簡単に防がれて3AR消費。
海法:ぜーつぎー!
支倉玲:絶技ですね。
海法:質問ですが、ここでチャンスボールor振りなおしは可能でしょうか?
芝村:絶技にはかなわないので無理だよ。絶技に勝つのは絶技だけだ。

芝村:そして空間が歪み出すのを感じた。
海法:「全員、対ショック防御」
芝村:攻撃は来なかった。
海法:「……お?」
芝村:今、絶技を使う事の危険性を敵はわかってるのだろうか? 海法はちらりと考えた。

海法:「だよなぁ。いかに宇宙とはいえ……」
海法:攻撃はこなかった、ということは、向こうもヤベっと考えたということだろうか? 敵のAR0攻撃は続いてますかね?
芝村:いや。攻撃はしてない。敵はAR18で移動を開始する。4AR移動でtera突入だ。

海法:「鷹野さん、空間状況の報告よろしく。色々脆そうだ」
鷹野:「………がでてきそうです。やばい。空間が………」
海法:「攻撃したら、また使うよなぁ。次が最後のチャンスか。FVBさんの攻撃がラストチャンスだな」
海法:Q:アーノマーホが仮に効いたとしても空間強度的にヤバそうでしょうか?
芝村:A:もちろん。

鷹野:「海法さん、敵が一艦、こちらへ向かっています」
海法:情報を<敵の一艦 通信がありそうならフィーブルさん経由で慎重にうけます。
海法:「ダイアビで全力で割り込むしかないか……」
鷹野:「ピンクカラー。以上」

海法:血を吐く。
鷹野:「病気ですか!」
海法:「ゆかり……?」
鷹野:「天才軍師フラグ」

芝村:その間にも敵はteraへ突入し続ける。今、弾体を分離した。惑星破壊ミサイル。
支倉玲:ミサイルを攻撃できますか?
芝村:攻撃出来るが、絶技使われるぞ。相手はあからさまにAR消費を狙ってる。
支倉玲:うーん。

海法:「火砲を収めピンクカラーと合流。コゼットと連絡を取り、安全な対絶技のアドバイスを」
芝村:コゼットからの返信:絶技ダメ、絶対ダメ! ×印やってる娘の姿を思い浮かべた。頬膨らませてると思われる。

海法:Q:アーノマーホを保持する海法は、絶技使いとして、一度見た二度の盾を阻止できますか?
芝村:A:黒にして宇宙として活躍するなら、できるとも。それが運命だ。

海法:Q:「一度見た絶技が効かない」でも、絶技使ったので悪影響が出ることにはなりますか?
芝村:A:いや。この場合は海法が運命に絡み取られるのだけが問題だ。
海法:ここで指揮官が暴走したらシャレんならん。覚醒は見送ります。
海法:というわけで、ピンクカラーとの合流を進めます。通信送ります。

海法:「こちら海法。ゆかりか?」
鷹野:「通信拒絶! 知り合いですか」
海法:「知り合いというか。恋人」
鷹野:「この土壇場で見栄を張らなくても………いや、まあ、誰もいいんですが、どうするんですか」
海法:「ピンクカラーと、敵艦は同一機種かい?」
鷹野:「敵のピンクカラーは、MEIDEA。機体番号001………現在戦歴をロード中。すでに戦没しています」

海法:「敵を止めるしかない。FVBが撃つしかない。そのためには絶技を無効化するしかないが、」
海法:「二度の盾を発動させずに止められるやつは、味方にいない(いたら教えてくれ)」
鷹野:「敵、弾体が子弾体分離」
海法:「あれが味方であることに賭けて撃つしか無い。助けてくれ、ゆかり(祈ります)」

支倉玲:了解。敵ミサイル迎撃します。
芝村:敵のミサイルを撃破する難易は200。艦隊戦で良し。ただし、絶技は使われると思われる。RP開始。時間三分。
支倉玲:艦隊戦闘:239 評価は以上です。RPになります。http://www23.atwiki.jp/fvb_sakura/pages/693.html
芝村:敵は絶技:空間静止 FVB艦隊の攻撃は途中で停止する。
芝村:詩歌付近に第一弾、着弾。100m級津波発生の模様。

海法:「GENZ、指揮任せる」
芝村:GENZは踊っている。

海法:MEIDEAに接触できますか?
芝村:接触は頑張れば出来る。
海法:頑張ります。
芝村:OK。

芝村:詩歌藩、LOST。30分後に九州沿岸に津波到達。共和国側の着弾はぜくうとおるが撃墜している模様。

GENZ:ダイアビの中からこんばんは! GENZです。
芝村:指揮はどうする?>GENZ
GENZ:仕方ないので受けます。踊ってる暇はございません。FVB宇宙機雷によるミサイル迎撃は可能でしょうか。
芝村:可能だね>GENZ
GENZ:では投入要請します。

芝村:機雷が一斉点火した。母なるteraへ突入、爆発する機雷たち。
芝村:地上からは流星海に見える。結構な数の機雷が命中して敵弾体を破壊している。

GENZ:それから、レンジャーの防空網はスクランブルしていますか? 撃ち漏らしの迎撃を。
GENZ:越前防空回廊も何でも使って、宇宙開発センターの観測データを平文で流してでも迎撃を。

芝村:詩歌、LOSTから回復。無事の模様。 信じられない事に誰かが津波を斬った模様。

GENZ:よし……津波の方は…了解。あ、戦域からしてヘイムダルのAR+3、対空UPは適用されますか?
GENZ:敵陣容の情報なども。近接範囲ではダイアビの観測j機からも…って。

芝村:GENZは熱っぽい。咳が出た。

GENZ:「ゴホッ……」
GENZ:口を押さえて指揮を続けます。
GENZ:「フィーブル藩は気を抜かずに。今抜かれたらアウト」

鷹野:「ごほごほ、海法さんがMEIDEAに接触しました」
鷹野:「敵艦隊、半数が自ら突撃、残りの艦がこちらへ向かってきます」

GENZ:FVB艦は突入艦の迎撃を!
支倉玲:FVBは帝国防空回廊の効果でARを+3できるんでしょうか?
GENZ:ダイアビ、および共和部隊はこちらを抑える。ヘイムダルの効果も発揮できますか?
芝村:軌道爆雷やミサイルでは迎撃は不可能だ。防空回廊の効果は使える。ヘイムダルも大丈夫。
GENZ:現段階からAR+ということでいいですか?>回廊、ヘイムダル
芝村:はい>GENZ
GENZ:Q:回廊、ヘイムダルとも全部隊適用でよいでしょうか?
芝村:A:はい。
GENZ:了解。

---------------------------------------------------

▼一方その頃 MEIDEAの上では

芝村:海法は今、コクピットに張り付いた。どうする?
海法:ノックしながら、開けます。
芝村:コクピットには人はいないよ。貴方は影に気づいて顔をあげた。機体の後方、銃を持った女がいる。海法に銃を向けている。
海法:顔を上げて見ます。
芝村:顔をあげた。バイザーの蒸着金は緑色をしていて相手の表情は伺えない。女のようだ。

海法:「ここにいたんだ。ずっと会いにこなくてすまない」 バイザーを開けます。

芝村:返事はない。宇宙空間だから、声は届かない。
海法:(あ、まだコックピット入ってない機体の後ろか)
芝村:そだね。

海法:一歩近づきます。
芝村:撃たれた。 3 2 1 0
海法:そのまま立ちます。
芝村:ヘルメットに命中。ヒビが入った。空気が漏れているかもしれない。相手は構えたままだ。

海法:無線通信を試みます。
芝村:チューニング中。チューニングした。爆笑が聞こえた。相手は狂ったように笑い続けている。

芝村:
 しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね
 しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね
 しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね
 しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね

海法:撃たれても構わないから 走って抱きしめてヘルメットを重ねます。肉声を。振動で。
海法:「ゆかり! ゆかり!」

芝村:相手は絶技を使った。白の絶技だ。精霊手の原形の絶技。
芝村:それには攻撃力はない。結婚の絶技、繋がりの絶技だと海法は思ったが、次には強烈な熱と咳で、背骨を折った。
芝村:相手も同じように折れているが、微笑んでいる。
海法:それでも抱きしめます。
芝村:空間が歪んだ。何かが出てきた。

---------------------------------------------------

芝村:GENZ。
GENZ:はい。
芝村:正面で何かが起きている。敵の分離した艦が消滅した。
GENZ:全部隊止まれ! 減速、後退! 空間に異常。近づくな! 距離を置いて待機! いつでも離脱できるようにしておけ!>各部隊
支倉玲:後退します!
芝村:貴方は血を吐きながら後退を命じた。後退判断がはやかったので助かった。
芝村:一方で地上では続々と空間の歪みが検知されている。

---------------------------------------------------

★ゲーム終了後

芝村:はい。お疲れ様でした。
GENZ:っとここまでですか! 時間か……

支倉玲:お疲れ様です。
GENZ:お疲れ様です。
海法;お疲れ様です。
おつかれさまです。
つづみ:お疲れ様です。

芝村:いい話だったねえ。
海法:面目ない。
支倉玲:いい話……ですか?
芝村:ヤンデレな話だったが、FVBに活躍させてやりたかった><
GENZ:リアルメカ派がこう……おのれー、と。

芝村:ま。お話的にはイイオチだったということで。177は敵が降伏したようだ。
GENZ:むむむ。地上被害はどうなったでしょうか? 機雷も含めだいぶ落ちてると思いますが。
芝村:それよりも、なりそこないが大量発生している。世界の終わりのような状況だ。

支倉玲:うわ。
GENZ:あー。地上部隊による対抗は…ぐぐぐ。
芝村:あらゆる国で地上戦が始まっている。
GENZ:ぬう。宇宙部隊は急ぎ地上に帰還すべきと思いますがそのあたりはどうなるでしょう。特にI=D戦力が大部分こちらにまわされているので。
芝村:無理だと思うよ。

GENZ:く…
支倉玲:FVBは国民はほとんど宇宙に上がっているはずですが、そっちも戦いが起こってるでしょうか?
芝村:ええ。ついでに宇宙の居住区でも。なりそこないは、地上以上に爆心地に近いので発生している。
GENZ:アシタ頼みか……
支倉玲:やばーい。

GENZ:ってことは、宇宙艦隊の方でも艦内で発生したりしていませんか? 宇宙施設からは避難、あるいは迎撃部隊を向かわせる必要があると。
芝村:艦隊は被害はなかった。避難の判断が早かった。
GENZ:不幸中の幸いですね。

芝村:はい。ではリザルトです。参加者に2万根源力をどうぞ。
GENZ:はい、ありがとうございます。
芝村:50万根源力でもれなく石になるサービスもついてきまーす。
GENZ:(吐油)
支倉玲:サービス………

GENZ:あ。海法さん=よけ藩国は無事でしょうか? 背骨……
芝村:さあ。爆発してるかどうかは質疑次第。
GENZ:ぬふー

GENZ:Q:石化者がはいってる部隊などはどうなりますか……
芝村:A:動けない。
GENZ:ってことはピグマリオン頼みとかですね……
芝村:そだねー。絶技だけどな。あれ。
GENZ:でもそれも絶技か! ぽぽぽぽーん

芝村:では解散しましょう。お疲れ様でした。
GENZ:お疲れさまでした。

---------------------------------------------------


★特別企画 参加者インタビュー

以下は、ゲーム中盤より部隊指揮をされていたGENZさんへのインタビュー記事となります。
いきなり指揮権を渡された鋼の藩王はあのとき、なにを考えていたのか。 少しでも伝われば幸いです。
GENZさん、快く取材に応じてくださり、本当にありがとうございました!


鈴藤瑞樹:こんばんはー
GENZ:こんばんはー
鈴藤瑞樹:どうもー 時間的には今からとかでも大丈夫ですか?
GENZ:どぞどぞ
鈴藤瑞樹:わーい ありがとうございます! 

鈴藤瑞樹:えーと、まず、戦闘イベントお疲れ様でした。
GENZ:お疲れさまでした!!  いやもう(以下略
鈴藤瑞樹:以下略w なにかお伝えしておきたいことがあれば、遠慮なくw

GENZ:絶技はきらいです……えぐえぐ
GENZ:装備も戦術もAR0で無効化されるんですもの!
鈴藤瑞樹:そうですね、絶技がなければ敵を撃破して、だいぶ違った展開になっていたはずですよね。
GENZ:まあ絶技があるとオーマルート突っ込んでるしなくていいんですけど この展開二回目!w
GENZ:アビシニアンvsバルクの時とまったく同じw 全力全開でRPして撃ったら回避されるというw

鈴藤瑞樹:黒オーマ戦ですかー。 なつかしのアイドレス1の頃ですね。
GENZ:ですです。えーと……ノワールの戦いか。


E94ノワールの戦い リプレイ
http://blog.tendice.jp/200706/article_63.html


GENZ:まあいろいろと想定外でしたね、今回は。
鈴藤瑞樹:そうですね。 相手の目的なども含め、予想外の多い戦いだったと思います。
鈴藤瑞樹:ちなみに、最初は海法さんが指揮をされていたんですよね?

GENZ:ですです。 で、MEIDEAでてきたあたりからおかしくなってw
鈴藤瑞樹:ピンクカラーのアレですね。 海法さん・・・(ほろり)
GENZ:で、突如 「GENZ指揮頼む!!」とかいいはじめたので
GENZ:俺が10秒パニクった後に指揮権受け継ぐという面白展開

GENZ:芝村さん的には「ごゆるりと…」とか言ってほしかったらしい
鈴藤瑞樹:びっくり展開でしたね! そしてそれはなんだろう、仲居さん的ななにかでしょうかw
GENZ:シグルイです いやーあの時思い出さなかったのが残念

鈴藤瑞樹:まぁそれだけパニック展開でしたし!
鈴藤瑞樹:あと、最後の退避指示はすばやい判断でしたよね。
GENZ:あれは単なるSFちからですので
GENZ:谷甲州とかよんでると対応出来ます(多分
鈴藤瑞樹:SFすごい! いや、自分はあまりSFに詳しくないのであれなんですが

GENZ:最後の空間なんちゃらは脳内でマクロスFでしたねえ……
GENZ:軌道迎撃戦だったんでマクロスプラスのInformation Highかけてて
GENZ:そこに突入艦とミサイルをイメージ…ってこれはなんだろう。ボトムズかなぁ

GENZ:惑星破壊ミサイルあるんですよね、ボトムズ
GENZ:で、大気圏突入するミサイルなんてのはちょっと破片あてるだけで燃え尽きるはずなので。機動爆雷使わせてもらいました
鈴藤瑞樹:そんなおそろしい兵器が・・・ボトムズこわいですね
鈴藤瑞樹:なるほどーそういう判断があったんですね>機動爆雷

GENZ:ちなみにスペースシャトルの突入時の許容角度は2°です。
GENZ:宇宙はとにかく時間スケールがでかい割に角度スケールは小さいんですよね。
鈴藤瑞樹:許容誤差が2度ですか。 なんて狭い。
GENZ:このへんはこう 物理計算で「木星スイングバイで」とかいわれたんで
GENZ:ああSFだなーと思ってw


スイングバイ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%82%A4


鈴藤瑞樹:おお URLありがとうございますー
GENZ:でまあ、惑星破壊ミサイル突っ込んできたときのイメージはあれですねえ
GENZ:00の軌道エレベーター倒れたときのw
GENZ:あのへんのイメージで動いてました ARIELもちょっと入ってるかも
鈴藤瑞樹:大惨事!

鈴藤瑞樹:うん、では最後に
鈴藤瑞樹:終わった今だから話せる裏窓の話とか、もしあったら教えてください。

GENZ:えーと実は考える時間が結構あった……
GENZ:落下物対応してから、海法さんがゆかりとよろしくやってる間はわりと暇でしたんで
GENZ:なんかあるかなーと心の準備ができてました

GENZ:それでディメンジョンイーターに瞬間対応できた感じ。
鈴藤瑞樹:なるほど。 海法さんのほうでも事態が動いてましたものね。
GENZ:ディメンジョンイーターはマクロス用語かも

GENZ:まあ空間がどーたら言われたら危険度100%としか。
鈴藤瑞樹:そうですねー。 時間、空間系はどう見ても危険ですよね。
GENZ:単に空間に穴があいただけだと
GENZ:ワープゲートのこともあるんですけどねぇ
GENZ:異変とかいわれたら逃げるしかないw

鈴藤瑞樹:撃って倒せる敵、というものとも違いますしね。
鈴藤瑞樹:そういう意味では、即時退避は最善だったと思います。

GENZ:あれで部隊内にまでなりそこないが出てたら心が折れてたと思いますw
GENZ:プラス、多分対応不可展開になってたので。
GENZ:全力で組んだ宇宙軍を迎撃できる部隊が地上で組めるかー! とw

鈴藤瑞樹:まったくですw
鈴藤瑞樹:では、とりあえず長すぎてもなんですし、これくらいで。
鈴藤瑞樹:ありがとうございました!

GENZ:どういたしましてー
鈴藤瑞樹:では、これにて失礼しますーそれではー!
GENZ:ではではー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック