新型配備の第十一種接近遭遇


裏タイトル:水着も、ハリセンも、あるんだよ





鈴藤瑞樹:
こんにちはー。生活ゲームにうかがいました。
記事はこちらになります。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=6217&reno=6174&oya=6174&mode=msgview

イベント選択にあたって2点ほど質疑をお願いしたいのですが
よろしいでしょうか?
あれ、通じない・・・こんにちはー

裕吏:
記事どうぞ
まってたよー
通じないってなに

鈴藤瑞樹:
あ、あれー
記事はこちらになります。
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=6217&reno=6174&oya=6174&mode=msgview

イベント選択にあたって2点ほど質疑をお願いしたいのですが
よろしいでしょうか?
すみません、5時に一回声かけたらなぜか反応がなかったので

裕吏:
どぞー
まじすか。

鈴藤瑞樹:
ありがとうございます

裕吏:
ずっとまってたんだが。

鈴藤瑞樹:
Q1:デートチケットの使用なのでデートという連絡がむこうにいくと思うのですが
ほかのイベントを選んでもカレンが怒ったりしないでしょうか?

Q2:できれば満天星国に暴動鎮圧に行った時のことについて話をして
今後はあぶないことをしないように説得したいと思っているのですが
そもそも説得自体が難しすぎる、といったことはあるでしょうか・・・

お、お待たせしてすみませんでした(汗
なんでだろ・・・

裕吏:
A1:ええ

A2:むずいと思うぞ。 なにせこう、一番酷い目にあったのはなにより本人だからな
それでも警官やろうとか考えるんだから、相当むずいと思う。

鈴藤瑞樹:
うう、ですよねあれで行こうと思うなんてすごすぎると思いました・・・
うんと、ではイベントなんですが、いちどカレンに選んでみてもらいたいと思います。

裕吏:
OK

/*/

裕吏:
ここは詩歌藩国だ。音楽にあふれている

鈴藤瑞樹:
おお。街中でしょうか。

裕吏:
そだね。
カレンが厚着してるが、それでも寒そうだ。

カレン:
「春はどこデスか」

鈴藤瑞樹:
「春ですかー。へびのおっちゃんが呼ぶと聞いたことがありますが」
Q:ちなみにどんなの選んだんでしょうか

裕吏:
A:デート

鈴藤瑞樹:
#え、えー・・・

裕吏:
ちなみに彼女のイメージではうららかな春にあわせた服を買うついでにデートだが
まあ、なんだ。テンダイスうそー!とか、彼女は思ってる

鈴藤瑞樹:
#え。テンダイス見れるんですか?

裕吏:
カレンは見てるよ。掲示板も一通り見てるね。

鈴藤瑞樹:
#予想外の一面が! NWCが見られていないことを祈るしかないデス

裕吏:
#つければ大丈夫

カレン:
「クリームがあったころが懐かしい・・・」
「はぁ、家に帰るでスか」

鈴藤瑞樹:
r:せっかくなので、寒そうならちょっとくっついてみますー
「すこしはあったかい?」

カレン:
「少し」

鈴藤瑞樹:
「まぁ、帰ってもいいですけど。 どこかお店に入るでもいいですよ」
#ほんとに寒そうというか、ダメそうな感じでしょうか

裕吏:
カレン:「よし、入るですよ」
今日は暖かく、―5度くらいだ
暖房つけてねれば凍死しないくらい。

鈴藤瑞樹:
#アッタカーイ!
近場だとどんなお店がありますか?

裕吏:
温泉、喫茶店、衣類の店

鈴藤瑞樹:
難しい・・・!
でもあえて温泉を選びます
「ようし、いちばんあったかそうなのにしましょうー」

裕吏:
温泉に行った。
カレンもいやがらずについてきた。

カレン:
「温泉、おんせーん」

裕吏:
なんか温泉魔神になってる

鈴藤瑞樹:
#おんせんまじんww

裕吏:
店に入って、フードのつらら落としてる
カレンため息

カレン:
「なんでこんなところに人すみまスか」

鈴藤瑞樹:
Q:さすがに寒すぎると思うんですが、例年と比べて普通なんでしょうか?

「まぁ、たまたま住んでたところが寒かったというか。 そういう物好きな人もいるんですよ」
「こんど、どこか暖かい国にでも行ってみましょうか。 旅行とか」

裕吏:
A:少し寒いくらいかな。

鈴藤瑞樹:
#オゥ、さすがの詩歌藩クオリティ・・・

カレン:
「ナニ言うですか。おたんこなす、逃げるみたいで嫌デス」
ぺこぺこ叩かれた。

鈴藤瑞樹:
#この人は・・・w
「うあう、スミマセン」

裕吏:
温泉は混浴らしい

鈴藤瑞樹:
むぅ、混浴・・・
「ときに、カレンさんは混浴というものをご存知ですか」

裕吏:
カレンは服脱ぎだしている。

鈴藤瑞樹:
#すぴーでぃ!

カレン:
「当然、私はミソッカスと違って詳しいデすよ。瑞樹は知らないデスか」

鈴藤瑞樹:
えーとあんまり見ないように気をつけつつ観念して自分も用意します
「いやまぁ、知ってます。 いや、それよりいまなんて呼びましたか!?」

裕吏:
残念ながら水着姿だ。

カレン:
「ミソッカス」

鈴藤瑞樹:
Σ しょんぼりします。 すごくorzします。

裕吏:
カレンは不思議そう
ぺちぺち叩かれた

鈴藤瑞樹:
「ううううう、名前で呼んでくれたと思ったのに・・・うれしかったのに・・・」

カレン:
「あ、そっち?」
驚かれた

鈴藤瑞樹:
#勘違いが・・・!
「うん、あの、うれしかったのです。 でもできればイントネーションをこう、ミズキと呼んでもらえる

ともっとうれしいです」
#というか温泉の脱衣所でなにをやってるんだろう

カレン:
「ミズーキ」
カレンは貴方の手を引っ張って温泉に入った。

裕吏:
意外に我慢出来なかったらしい。
ふーと顔がにやけてる

鈴藤瑞樹:
#待たせすぎました・・・
うれしそうな顔を見てにこにこします ウフフー

カレン:
「生き返るデすね。何時になったら暖かくなりまスか」
カレンは湯を手ですくってはにこにこしている。

鈴藤瑞樹:
「いつになりますかねー。 はやくあったかくなるといいですね」

裕吏:
カレンは子供のように、うんと微笑んだ。

鈴藤瑞樹:
もーw かわいいのでなでなでしちゃいマス

裕吏:
カレンは不思議そう。
にこっと貴方に笑った

鈴藤瑞樹:
笑顔で返します。 えへへー

カレン:
「キスしてもいいでスよ?」

鈴藤瑞樹:
Σ

カレン:
「どつかれるでスけど」

裕吏:
#Σが入力されるのを先読みしてるなあ。

鈴藤瑞樹:
#はじめて読まれた気がします!
「いやまぁ、その条件なら問題なくしますけど」
というわけでちゅーします

裕吏:
キスした。長いということで殴られた。

カレン:
「ナニやるですか」

鈴藤瑞樹:
「えー! だって、好きなんですもん・・・」

裕吏:
カレンは目線だけ明後日を見た

鈴藤瑞樹:
そしてはずしたところでもういちどちゅーを

裕吏:
すぱーんと水陸両用ハリセンで殴られた

カレン:
「油断も隙もナイですね」

鈴藤瑞樹:
「グハ! 新型だと!?」

カレン:
「そう、水に強いデス」

裕吏:
カレンは悩んだあと、貴方の頬に少しキスした
その後三回貴方をぶったたいた。


/*/

裕吏:
はい。おつかれさまでした。

鈴藤瑞樹:
お疲れ様でした、ありがとうございました。
もう、悩む必要ないのにーかわいいなぁー
どうでもいいんですが、ナニやるでちょっと勘違いしそうになりました。

裕吏:
ツンデレです
それは病気です。

鈴藤瑞樹:
もちろん知ってます!

裕吏:
わははは
評価は+1+1でした。

鈴藤瑞樹:
そっちも知ってます!>病気

裕吏:
秘宝館には1,1で依頼できます。

鈴藤瑞樹:
すみません累計10、10でよかったでしょうかー?

裕吏:
そだよ
では解散しましょう。おつかれさまでした。

鈴藤瑞樹:
下がってなかった・・・よかったですー
はい、ありがとうございましたー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック